無二

Blog

セイコーミュージアム / THE SEIKO MUSEUM

2019年05月16日(木)


最大10連休のゴールデンウィークが終わり、連休ムードが落ち着いた時期になりました。ゆっくりと過ごされた方は、仕事モードへの切り替えが大変かもしれませんね(笑)僕にとって連休中は製作に集中するには絶好のタイミングで、遅れを取りもどずべく製作に集中できました。ですが少々、引き篭もり過ぎてしまって、また生活のリズムがまたまた夜型に変わってしまいました、、、f^^;
来週末には、台東区界隈で開催される「ものづくりで町おこし」を目的とした毎年恒例のイベント「モノマチ11」が控えておりまして、しばらくこのままのリズムが続きそうです。※無二としては、5月25日(土)、26日(日)に無二製品の受注会を行う予定です。詳細は、また改めてご案内させて頂きます。

少し話が逸れてしまいましたが、、、ゴールデンウィーク中の製作の合間に、以前から気になっていたセイコーミュージアム(旧セイコー時計資料館)に行くことができました。※セイコーミュージアムは1981年にセイコーの100周年記念事業として時と時計の研究資料の収集・保存の目的のために設立された資料館です。

3E23DBC5-2814-4A7A-8E4D-07B49BFE221F

小さい頃から時計が好きで、セイコーの時計もいくつか持っていますが、実際にセイコーの歴史に触れた事がなければ、「時」と言う部分に関しても深く追いかけた事が無く、今回のセイコーミュージアム訪問はとても刺激的でした。

IMG_2654

全部を書くことは難しいですが、同じように時計、セイコーに興味のある皆さんとの情報共有に繋がれば幸いです〜

0141F7AC-525B-421F-A65E-6FBD38802393
銀座和光の時計塔の文字板の原寸大レプリカ

 

セイコーのミュージアムなので、セイコーの歴史だけだと思っていたら、古代の日時計から水、火、砂、機械式時計、クオーツ時計へと発展してきた時を計る道具であった時代から見ることができたのはとても意外でしたし、まだ時間の概念がない時代に計りの道具として使われていた歴史に触れられた事はとても勉強になりました。

世界最古の機械式時計と同じタイプの鉄枠塔時計は1500年頃のもの。
その当時、一日30分から1時間の誤差があったという事ですが、重りの重力で歯車が回る様子は、500年以上も前の時代に考えられたものとは思えなかったです。動力を伝える仕組みを考えた人の凄さを感じました。
重りが下に下がるスピードを既にその時代に歯車でコントロールしていたなんてビックリでした。

フロア1階では、古来の時の計測から時計へと進化してきた流れを見ることができます。その中の一つに木箱にセッティングされた時計があり、船に時計を載せるために作られた船舶用時計(マリンクロノメーター)でした。よく目にする壁掛けタイプではなく、木箱にセッティングされ、船が揺れても水平を保ち、狂いにくい構造になっているそうです。時計の文字盤は直径15cmくらいでしょうか?ユリスナルダンの同じタイプとセイコーのものが並んで展示されていましたが、とてもカッコ良かったです♪

ヨーロッパの懐中時計がいくつも展示されていて、そのどれもが彫りや装飾が豪華に施されている、当時の高貴な雰囲気を感じました。

フロア2階では、セイコーの歴史はもちろん、江戸時代に使われていた和時計、セイコーウォッチ、ローレル、クォーツアストロン、プロフェッショナルダイバー、そしてグランドセイコーまで見応えあります。一つ一つ掘り下げて描くには時間が足りませんf^^;
グランドセイコーに関しては、実際に時計に使っているとても小さいパーツも見ることができます。その中でも、髪の毛よりも細い一本の線パーツを渦巻き状に仕上げて作られるヒゲゼンマイはとても美しかったです。

本当に時間が足りません。。。
セイコーミュージアムのHPでも解説が聞ける様になっていますので、気になる方は是非HPもチェックしてみて下さい♪

セイコーミュージアム→ https://museum.seiko.co.jp

僕もまだまだこれから時計の事について勉強していきたいと思います!

IMG_2655
早速、、、新しくSEIKOウォッチコレクションを追加しました〜

 

また、今回の訪問は同行させて頂きました方のご好意で、セイコーインスツル(株)で活躍されていた「村上斉」さんに館内の案内をしていただけ、とても有意義な時間を過ごさせて頂きましたm(_ _)m また訪問したいと思います。

中途半端で申し訳ありませんがf^^;
時計の事については、また書きたいと思います♪

Thank you!
コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

********************
現在も想定月間生産数の3倍の受注が続いており、これまでにない作業量で、製作スケジュールが崩れ大変ご迷惑をお掛けしております。
1日でも早くお届けしたい気持ちですが、逸る気持ちを抑えて一点一点しっかりとした製品に仕上げてお届けしたいと思っております。製作に関して高精度に拘り過ぎたのかもしれませんが、手を緩めることが出来きず製作に時間がかかってしまう次第でございます。楽しみにお待ち頂いている中、大変恐れ入りますが何卒ご理解頂けますと幸いですm(_ _)m

ご注文時の完成予定から大変お待たせしておりますが、順次、完成間近になりましたら改めてお知らせさせて頂きます。完成までどうぞよろしくお願い致します。
********************

ラウンドファスナー長財布、その他の長財布共に、既に2020年9月完成予定まで確定受注を頂いております。
現在受注分は「2020年10月以降」の完成予定となっております。

受注可能(注文可能)な状態は、材料手配が可能で順次製作が可能な状況でございます。受注=即納可能ではございません。只今、受注過多につきまして在庫ストック分の製作余裕がない状態が続いております。ご注文順に製作後のお届けとさせて頂いております。何卒ご理解のほど宜しくお願い致しますm(_ _)m 気になることがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。info@muni-leather.jp

製品ページはこちら→→→ラウンドファスナー長財布、長財布
********************

***価格改定予定のお知らせ***
「無二/Muni」ブランド立ち上げより据え置き価格にて昨今の材料費、運送費コストの高騰を吸収するべく努力を重ねてまいりましたが、現在のままでは吸収しきれなく、大変厳しい状況となっております。

つきましては、品質の維持・向上に努めながら、7月1日受注分より商品の価格を改定させて頂きたく思います。
新価格につきましては、現在調整中でございます。決まり次第、改めてお知らせさせて頂きます。価格改定は心苦しいお知らせとなりますが、今後も良質素材としっかりとした製品づくりを継続し、皆様にご満足いただける製品の提供に努めてまいりたいと思っております。
何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
***価格改定予定のお知らせ***

Muni(無二) Leather / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ プレミアムコードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッタ→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki

 

Quality than quantity / 量より質

2019年04月24日(水)


現在、無二の財布の中で一番ご注文を頂いているモデルが、ラウンドファスナー(ラウンドジップ)長財布です。そして製作が追いつかず沢山の方をお待たせしてしまっている原因となっているモデルでもあります。。。

fullsizeoutput_63a

数年の間にある程度使い熟して、「これからもっと使い込んで行きたい」という段階で、ヘタってしまったり、壊れたりするものは作りたくないという思いから、、、
元々、たくさん製作する事を想定せず、細部の作り込みに時間をかける事に重点をおいています。この部分は、ラウンドファスナー長財布に限った事ではなく、無二の製品全般に対して共通です。

特にラウンドファスナー長財布に関しましては、現在販売中の製品の中で、パーツ数、作業工程共に一番のボリュームになり、その細部の仕立てに関しても無二独自の拘りが沢山つまっています。
そしてラウンドファスナー長財布の仕立ての拘りの一つが、最後の仕上げ工程とも言える「外装と内装を合わせる」縫製を敢えて「手縫い」にしている事です。

T%nxIOuIShKCigNbsJbeIg

この最後の工程になる「外装と内装の合わせ」をミシンで縫製すれば、長財布一本を手縫いしている時間から推測するに、、、おそらく裕に10本は縫い上げられると思います。しかし、僕は敢えてそれをしません。

w2AioBqlT8KsOv23fVm9DA

耐久性を考えて薄くし過ぎないパーツ構成をしているので、ラウンドファスナー長財布は、特に外周部にパーツの厚みが集中します。厚みが集中するといってもミシンで縫える厚みの範囲内で治めていますので、必ず手縫いじゃないといけないわけではありません。

IMG_0352

注意点は他にあります。。。

厚みよりも別の部分になりますが、ファスナーパーツの取り付けが伴って、始点と終点がミシンで縫うには少し窮屈になる箇所が出来てしまいます。また、出来るだけ外周ステッチを外装パーツの外寄りのギリギリにステッチを入れたいという事もあります。(ステッチに関しましては、あまり太い糸を使う訳ではありませんので、あまりにも外周の内側に入れすぎてしまいますと仕上がりイメージの迫力が弱くなってしまいます。何よりこのステッチを入れる位置も耐久性に関わっています。)

4UryyRpJRW+IUlUu7vyIsA

「攻める」という事はミスのリスクもありますが、たくさん製作する事を考えれば強引に財布をミシンに押さえつければ縫う事も出来ます。製品開発当初は葛藤がありました。

時に攻めの強引さは必要なのですが、結果、製作過程で必要以上に素材を傷つけることになったり、ステッチのバラツキを生んでしまっては意味がありません。特に、コードバンはどの素材よりも繊細な素材で、製作中は取り扱いにとても神経を使う素材です。そしてステッチのバラツキはステッチの緩みにも繋がる可能性があり、その先は耐久性の衰えに向かいます。

もちろん、製作者、販売者としては「壊れたらまた買って頂きたい」、「気に入ったらまた買って頂きたい」という気持ちがあります♪リピートは運営的にもとても嬉しいですし、助かりますから(笑)もちろん、リピートはいつでもお待ちしています!
でも、僕自身が気を向ける所、やるべき所ははそこでは無いと思っています。

なぜなら〜

僕が製作後にみなさんの元へお届けした後は、どの様な環境化でどんな使い方をされているのかは、、、正直わかりません。本来は出来るだけ避けて欲しいですが、本来の内容量よりも「カードやお札が増えてしまった」(財布の中にお札が増える事はいいことです(笑))など、多々あると思います。そんな想定以上の環境化で使われる事があっても簡単に壊れるものではなく、耐えうるものでなければと常々思っています。

VYT0Y1lSS3WMdqJtQUAsOA

そして更に、何年経ってもシャキッとした財布で使い続けて頂きたい。お買い物の会計時での財布を使う場面で、他の誰が見ても「カッコイイ」、「素敵」だと思って頂きたいのです。もちろん、革素材の良い状態を保つために定期的なメンテナンスはして欲しいですが(笑)そのベースとなる部分がヘタってしまってはいけないと。。。

と言うことで、僕が選んだ製作スタイルは「量より質」です。

そして僕がラウンドファスナー長財布の「外装と内装の合わせ」に選んだのは、時間がかかっても「手縫い」と言う方法になりました♪

見た目にはわからない部分であり、「何故そんなに製作時間がかかるのか?」というお問い合わせを頂く事もあります。早くお届け出来ないのはとても悔しいですし、僕自身も何とか完成時期を詰めていきたいと言う葛藤が日々あります。それでも難しい現状。。。お待たせしてしまっている事は本当に申し訳ありませんm(_ _)m

fullsizeoutput_632

お待ち頂いている分、しっかりと製作させて頂く事しかできませんが、、、
永くご愛用して頂く為にも、そしてその見た目にはわからない部分を実感していただき、更に永くご愛用して頂けたら幸いです。
この後も大量生産は出来ませんが、着実に一つ一つ製作と向き合ってお届けしていきたいと思います。

 

P.S 最後になりますが、これまで数回に渡りブログの下部にてご案内して参りました「価格改定」を本格的にお知らせしなければならない状況となって参りました。大変恐縮ではありますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m
当初、2019年5月1日を予定しておりましたが、現在も熟考中でございます。つきましては価格改定の予定日を【2019年7月1日】にスライドさせて頂きたいと思います。※2019年6月30日までの受注分は現行価格にて受注となります。
詳細が決まりましたら改めてお知らせさせて頂きます。

Thank you!
コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

********************
現在も想定月間生産数の3倍の受注が続いており、これまでにない作業量で、製作スケジュールが崩れ大変ご迷惑をお掛けしております。
1日でも早くお届けしたい気持ちですが、逸る気持ちを抑えて一点一点しっかりとした製品に仕上げてお届けしたいと思っております。製作に関して高精度に拘り過ぎたのかもしれませんが、手を緩めることが出来きず製作に時間がかかってしまう次第でございます。楽しみにお待ち頂いている中、大変恐れ入りますが何卒ご理解頂けますと幸いですm(_ _)m

ご注文時の完成予定から大変お待たせしておりますが、順次、完成間近になりましたら改めてお知らせさせて頂きます。完成までどうぞよろしくお願い致します。
********************

ラウンドファスナー長財布、その他長財布共に、既に2020年8月完成予定まで確定受注を頂いております。
現在受注分は「2020年9月以降」の完成予定となっております。

受注可能(注文可能)な状態は、材料手配が可能で順次製作が可能な状況でございます。受注=即納可能ではございません。只今、受注過多につきまして在庫ストック分の製作余裕がない状態が続いております。ご注文順に製作後のお届けとさせて頂いております。何卒ご理解のほど宜しくお願い致しますm(_ _)m 気になることがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。info@muni-leather.jp

製品ページはこちら→→→ラウンドファスナー長財布、長財布
********************

***価格改定予定のお知らせ***
「無二/Muni」ブランド立ち上げより据え置き価格にて昨今の材料費、運送費コストの高騰を吸収するべく努力を重ねてまいりましたが、現在のままでは吸収しきれなく、大変厳しい状況となっております。

つきましては、品質の維持・向上に努めながら、7月1日受注分より商品の価格を改定させて頂きたく思います。
新価格につきましては、現在調整中でございます。決まり次第、改めてお知らせさせて頂きます。価格改定は心苦しいお知らせとなりますが、今後も良質素材としっかりとした製品づくりを継続し、皆様にご満足いただける製品の提供に努めてまいりたいと思っております。
何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
***価格改定予定のお知らせ***

Muni(無二) Leather / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ プレミアムコードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッタ→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki