無二

Blog

無二の拘り〜コバ仕上げ

2020年07月06日(月)


以下の写真は、ときどき変態と言われる無二のコバの仕上げです。笑

jJBg4VtKR0ah%uDvBqxj1Q

このコバ仕上げも使っていく過程でのダメージ回避を予測しての事なので手を抜く事が出来ずにとことん仕上げてしまうクセがついてしまっています。。。

qbvrqcn%R1KoJYEC4jJVaA

ここまで仕上げるにはかなりの磨きと削りを繰り返す必要があり、時間と体力との戦いになります。製品に耐久性を持たせられる分、身体へのダメージが半端ないですが、、、やはり使って頂けるユーザーのみなさんの事を思うとやめられないのです。

AvIyL%x2QUeoga%waiyS4A

革製品の耐久性に関しては、見た目には分かりにくい性質、、、というか、革製品の作り込みに関してよほど知識をお持ちでなければわからないと思います。

多くの場合は使ってみないとわからない価値観になります。

WIVCG3iYQKmmvMvJOyg+qw

使ってみて、、、
思ったよりもしっかりしているな!
なんか弱々しく感じたな!
あれ?普通に使っていたけど壊れちゃったなぁ。。。
まだまだ使えるな!
と言ったように実際に使ってみて確認出来る事によって認知(評価)される部分が耐久性の部分です。

 BO2kFOzxQm6TvKMpa2jBaw

無二の取り組みの一つが耐久性なのですが、、、

その耐久性を可能な限り盛り込んで作られているって言われてもピンとこないですよね?!そんなものがあるのか??と〜笑

 BFw7VCTFRVy73oqQsAl6qA

無二の製品は、使用過程で負荷がかかりダメージが出るであろう部分を把握して予防補強しています。

革製品の耐久性は、一般的に10年という感覚が強いと思います。
でも、「バタバタだけど何とか使えた10年」と「まだまだ使い続けられる10年」だとどちらが良いでしょうか?もちろん後者の10年だと思います。

無二は、10年後の状態をある程度想定した作り込みをしています。
それはユーザーの皆様に出来るだけ長くご愛用頂きたい思いから、「10年後もシャキッとした良い状態で使ってもらえていたい。」と願っているからです。

作り手なのでダメージが出る箇所は想定できます。ですからその箇所を事前に補強する事で結果的に壊れない、壊れにくい、強い財布や革製品に仕上げる事ができます。
もちろん、できれば日々の保革メンテナンスやクリーニングはユーザーの皆様の元で取り入れて頂けると嬉しいですが。笑

負荷がかかる部分の予想がつくという事は、作り込みである程度はダメージをリカバリーできるはずなんです。ただ、それを取り入れているかいないか?それだけの事なのです。しかし耐久性に拘りすぎると時間とコストが掛かってしまう。。。
この部分は、個人レベルのブランドや一職人でないと叶えられない部分だと思っています。

決して安い買い物ではないと思います。だからこそ「良いもの」を手にして頂きたい思いが常にあります。
一度使って頂ければ他の製品との違いは年数が経つにつれて実感して頂けると思います。
やり過ぎのコバ仕上げも、整ったステッチもそれ以外の作り込みも、、、購入して頂いてガッカリして欲しくないので、時間を惜しまず製作しています!

※メンテナンスに関しましてはお時間がなかったり、メンテナンスの仕方が分からない方はお気軽にご連絡ください。僕がメンテナンスを承りますので!SNSのDMからでも大丈夫です。

少々長くなってしまいましたが、
無二の作り込みに共感して頂ける日々の出会いに感謝しております。
そしてまた新たな出会いがありますようにも願っております。

メンテナンス同様、財布、革製品のお悩みやカスタム(オーダーメイド)のご相談はお気軽にメールやSNSのDMよりどうぞ。僕がお答えできる事は何でもお答えします。

 

【製作状況をブログ内「Production Status」で公開中です】 

 

【YouTubeに製作動画UP中です】

コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

Muni(無二) / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ コードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッター→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki

間も無く完成のお客様(東京都 Y様)

2020年06月29日(月)


<ご注文品>
・コードバン長財布 オイルコードバン・ネイビー×ブラウン(小銭入れ付き)

4BOiySd6T96HgR5NQtoXhg n8umTR4oQdCS4pGemrnpVA 2KskqnHRQ%+ZWAbvaD3ViA

これより最終工程の外装の縫製とコバ磨き仕上げ前のコバをひき締める作業に入ります。
そのあとは、コバ磨きの仕上げを施して完成となります。
大変お待たせしておりますが、完成まであと少しお待ちくださいませ。

 【製作状況をブログ内「Production Status」で公開中です】 

 

【YouTubeに製作動画UP中です】

コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

Muni(無二) / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ コードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッター→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki