無二

Blog

無二/Muniの財布が強い理由

無二の磨きコバ仕立てを写真解説

2020年01月21日(火)


無二の磨きコバ仕立て(革の切り口を滑らかに磨き仕上げする工程)ですが、一体、どんな順番に仕上がっていくのかを製作中のパーツ(ラウンドファスナー長財布の小銭入れ)で、4段階に分けて解説して見たいと思います。

b1FivpR2RJCydxFINcwCnw

左から順に〜
1.パーツを組み立てて、張り合わせ断面を整える前
パーツ貼り合わせ時の断面の凹凸や余分な接着剤でゴツゴツした状態です。

2.ヤスリで断面を滑らかに整えた後
ヤスリでパーツ貼り合わせの際に残っていた凹凸や余分な接着剤を削り落として、次に磨き上げしやすいように、荒目→細目で順に整えていきます。

3.磨き剤を塗り込んで磨きと削りを数回行った後
断面の凹凸が無くなるように断面が整ったら、磨き剤を塗り込みながら磨き上げを行います。革も場所によって繊維質の強弱がありますが、磨き剤をしっかりと浸透させて引き締め、耐久性のある滑らかなコバ面に仕上げていきます。強く押さえつけて磨けば良いものではなく、パーツの厚みを維持しながら、コバ面が潰れないように形も整えながら磨き込んでいきます。コバ磨き仕立てでは、一番の重要ポイントになります。張り合わせ接着面が溝になりやすく凹凸感を無くすのが難しいですが、慌てずにじっくりじっくりと面が滑らかな一つのパーツに一体化するように、磨きと削りを交互に繰り返していきます。

4.フィニッシュ
革の状態を見ながら3番目の作業を繰り返します。無二としての合格基準に達するまで妥協はしません。故に、何回の作業でOKとは決めておらず、コバの仕上がり状態が一番良くなったところが合格基準となります。時には数日間、革を休めて仕上げることもあります。

QgvdNVg5Q0eTLsj+tsHqKg

コバを磨いて仕上げる磨きコバ仕立ては、やればやるほど時間を要する作業になります。そしてどのレベルが合格基準であるかは、完全に作り手目線(僕自身)の判断となります。世の中の製品がどれくらいの磨き上げをしているかは、コバ磨き仕立ての製品であれば、このコバ部分の仕立てを興味深く見ていただければわかると思います。

5alp2rk5Qr6vEEO5YvZ0Tw

 

無二がどうしてここまでの仕立てに拘るのか?そしてここまでの事ができるのか・・・?

その想いは至ってシンプル。良い状態で長くご愛用して頂きたいからです。
日常的に使用頻度が多くなる財布や革小物。使い込んでいくうちに風合いが良くなる楽しさはもちろん天然革の醍醐味ですが、だからといって壊れて欲しくない。簡単にはバタバタな状態になって欲しくもないですし、経年変化はしても経年劣化は極限まで抑えたいという思いがあります。その為には製作にお時間を頂いて、一つ一つしっかりと作り込んでいく必要があります。
そして、無二の一品生産スタイルだからこそ、ここまでの仕立てを実現させる事ができることにつながります。この部分に関しましては、完成を心待ちにしていただいている皆様の気持ちにも支えられています。本当にありがとうございます!

IJt4WsJpRE6SKXzgqKyhhg

無二の製品は外からは見えない内装パーツについてもしっかりと手を入れて仕立てています。
そうする事で耐久性はもちろん、製品になった時の雰囲気も格段に良くなります!

YujgytkJT428inpwxNNX3Q

世の中には色んな製品、色んな仕立てがあります。
その中で、コードバンレザーブランド無二の製品をお選び頂ける事はとても嬉しい限りです。デザインだったり、作り込みだったり、共感して頂ける部分も様々だと思いますが、無二をお選び頂いたからには精一杯の技術でお答えしたいと日々思っています。

以上、無二としてのコバ磨き仕立ての見解です。
全ての製品にあてはまる訳ではありませんが、今後の製品選びの参考にして頂けますと幸いです。

 

コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

 

Muni(無二) / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ コードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッタ→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki

Handmade and analog / ハンドメイドとアナログ

2019年12月06日(金)


“ハンドメイド“と“アナログ“。。。
一見、何もリンクすることのない言葉ですが、なんかリンクしている様に感じるのは僕だけでしょうか?!

Z+EllEiDRpaPr9GmTwJPIw

世の中には、流行り廃りが行き交っていています。
「今コレが流行ってる」モノがあってもその流行は永遠ではありません。僕たちが携わっている革製品も同じです。今年売れたモノ、今売れているモノが来年も同じように売れるとは限らないのです。

PIG0IXJ+TY6FY49qBJsSzQ
流れに乗っかって沢山売れるに越した事はないです。しかし、価格や仕事内容、一人の職人として意味のある仕事に出来ていけるのか?貢献出来ているのか?モノ作りに携わる立場としてその他にも色々な事を考えて〜考えて、そしてもっと「それってどうなのか??」って考えてしまうのが職人でありハンドメイド(作り手)の目線だと思います。

fullsizeoutput_909

僕たち職人は、日々モノ作りに向き合う中で機械的に作られたモノでは表現できない仕上げ方や耐久性、デザインや使い易さなど、細部に至る部分、そして使って頂く環境やその方のライフスタイルまで想像し、ハンドメイド目線の想いを伝えたいと思っています。そしてその想いを形にしたモノが作品であり、商品です。

XSINF41DQdO+Rne2Xcedog

色んなモノが時代と共に使い易く進化してハイテクになって行くのは良い事ですし、全くもって拒否している訳ではありません。
でも、近年のモノの売られ方を見ていると・・・
昔ながらの職人の手仕事や手間のかかるアナログ要素の良いところまで無くなって欲しくないなぁと感じています。
言葉で上手く伝えるにはとても難しいのですが、、、
コードバンレザーブランド【無二】を立ち上げる時に感じた事。
それは、「これでいい」ではなく「これでなければ」という仕事を続けて行きたいと言う思いでした。
この気持ちは、もちろん今も変わりなく、これからも同じです。

YujgytkJT428inpwxNNX3Q
無二製品に関しては、大変お待たせしてしまっておりご迷惑をお掛けしているんですが、ハンドメイドの良さ、そしてハイテクにはないアナログの魅力が十分と詰まった製品を、引き続きお届けしたいと思います。

mKwARMMpTx6jZTez622NYg

機械式時計で例えるなら、、、
時々はリューズでゼンマイを巻き上げてみませんか?!
歯車と歯車が噛み合ってゼンマイが巻き上がりテンプが動く様子が、きっとリューズを伝って指に感じるはずです♪

23UElSRLSkmWUvkYFL81kA

モノがスマート化に伴って便利になっていくのが時代の流れです。言葉は少々悪くなりますが、不便なモノがあったからこそ、ハイテクやスマートが生きている筈だったのに。。。いつしかそれが当たり前となり、アナログが掻き消されてしまってきています。

IJt4WsJpRE6SKXzgqKyhhg

僕たち職人も、製品を手に取ってもらった時に、「角の肌触りが優しいなぁ」とか、「重量感が良い」とか、「ステッチが綺麗」とか、「手仕事でしか感じとれない何か」とか、「職人自身の得意な要素」を伝えようと日々製作に向き合っています。作業は本当に、本当にアナログなんですよ♪

JunP4WbHQFy7LSTE1ULFig

コバの仕上げも、機械を使う場合と手だけで仕上げる場合とで、仕上がり感が全然違います。どっちの仕上げが製品にマッチするか、味わい深いのか、などを日々考えています(^^)

mYNcFBemQ1qMvnkY1tOCBg

製品の探し方や選び方も人それぞれです。もちろん、ライフスタイルに対しての使い方や革製品の位置付けも人それぞれである事は理解しています。ただ、「手仕事のアナログ感」や「あじわい深さ」など、人間の5感を伝って感じる感覚は忘れて欲しくないと願っています♪

以上、「ハンドメイド」と「アナログ」について個人的な見解でした💡

P.S 近い将来、無二製品を手に取ってご覧頂ける時が来るよう、頑張りたいと思います。

コードバンレザーブランド「無二」
主宰 宮崎泰二

Muni(無二) Leather / Yasuji Miyazaki.
プレミアムコードバンレザーブランド【無二・Muni】
無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp
無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

主宰 宮崎泰二 (info@muni-leather.jp)

※ プレミアムコードバンレザーブランド【無二/Muni】を主宰しております、宮崎です。近年、コードバンが皮革製品の素材としてこれまで以上に普及し始めています。無二でも使用している「新喜皮革」製のコードバンは、今では世界的にもファンが多くアジアやヨーロッパなど海外でも注目されています。人気が出ることは嬉しいことですが、コードバン自体の月間の生産数量が供給量に足りておらず入荷が1年以上掛かる状況は、未だ緩和の兆しが見られません。。。素材入荷待ちでお待たせする事が無い様、ご注文確定後は、ご入金確認後、直ちに素材発注手配より進めてまいります。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。入荷など気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。info@muni-leather.jp

インスタグラム(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.instagram.com/muni_leather/
フェイスブック(無二/Muniレザーアカウント)→ https://www.facebook.com/muni.cordovan/
ツイッタ→  https://twitter.com/Yasuji_Miyazaki

1 / 41234