無二

Blog

News

無二・Muni コードバン長財布(MWL-01)の細部をご紹介①

2016年02月21日(日)


レザーブランド【無二・Muni】は、馬の臀部内繊維を削り出し、加工して作られる”皮革”=”コードバン”を使用したレザーブランドです。

牛革など、皮膚を加工される皮革とは違い、コードバンにしかない特徴と魅力がたくさん有ります。

出来立てホヤホヤのコードバン長財布(MWL-01小銭入れなし)の写真を撮りましたのでご覧くださいませ(^^)

品番:MWL-01
素材:外装 コードバン・ブラック(顔料磨き仕上げ)
   内装 牛革サドルレザー・ブラック

内容量:マチ有り札入れ×1、マチなし札入れ×1、チケット&領収書入れ×1、カードポケット4ヶ所×1、カードポケット6ヶ所×1

仕立て:磨きコバ仕立て

MWL-01BK×BK1

MWL-01BK×BK2

コードバンのツヤツヤが上質感満載ですね♪

MWL-01BK×BK3

MWL-01BK×BK4

内装は牛革サドルレザーで仕立てています。
札入れの口、カードポケットの口部分は伸び止め加工を施しており、使用過程での口部分の伸び防止になります。

写真で口部分の際に線を入れてあるのがわかりますか?これは「ネン」と言って、シルエットを引き締める為の「飾りネン」という意味合いもありますが、無二・Muniでは同時に熱入れもしており、伸び止め加工の1つになります。

さらに、革の裏面(床面)の繊維引き締め加工と口部の磨き仕上げにより強度アップしています。
パーツ1つあたり、最低でも3種の伸び止め&強度アップ加工を施しているという事になります(^^)

無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp

無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

【無二・Muni】Yasuji Miyazaki

コードバン長財布の磨きコバ

2016年02月19日(金)


この1つ前のブログで「磨きコバ仕立てについて」書かせて頂きました。

仕立ての種類、磨きコバの特徴、仕立ての段階等をご覧いただけましたでしょうか?
今後、色々な革製品(財布・名刺入れ・小銭入れ)をご覧頂く機会があると思います。仕立てはどうなっているのか?!と興味をもっていただけますと嬉しいです(^^)そして職人の欲を言えるなら、仕立ての度合いまで、、、f^^;

ご覧頂いて~「凄く気合入った作り込みだなぁ」、「美しい」、「自分好みだなぁ」、「ちょっと違うなぁ」など、色々な気持ちを感じていただけたらと思います。

革職人としては、僕もそうですが~使っていただく皆さんに満足して頂けるよう、みんな日々研究しながら製作していると思いますので、興味を持っていただけて、色んな声を聞けることが励みになります♪

皮革を用いて作られたモノが革製品。。。間違いないです。 でも、ちょっと視線の落としどころを変えて見て下さい(^^) 見た目や価格を基準として選ぶこともあると思いますが、ちょっとだけで良いのでそれぞれの「素材感」、「作り込み感」、「機能性」、「全体的な雰囲気」など、モノとは別のプラスアルファを感じていただけると嬉しいです。

そしてその中から、皆さんのお好みに合った物をチョイスしてくださいね(^^)

最後に、コードバン仕立てのプレミアムレザーブランド【無二・Muni】のコードバン長財布の磨きコバ仕立てをご覧ください♪

磨きコバ オイルコードバン・ブラウン×ベージュ
磨きコバ オイルコードバン・ブラウン×ベージュ
磨きコバ 顔料磨きコードバン・ブラウン×ベージュ
磨きコバ 顔料磨きコードバン・ブラウン×ベージュ
磨きコバ オイルコードバン・ナチュラル×ブラウン
磨きコバ オイルコードバン・ナチュラル×ブラウン
磨きコバ オイルコードバン・ブラック×ブラック
磨きコバ オイルコードバン・ブラック×ブラック




みなさんにとってベストの財布が見つかりますように・・・

無二・Muniオフィシャルサイト→ http://muni-leather.jp

無二・Muniオンラインショップ→ http://cordovan.muni-leather.jp/

【無二・Muni】Yasuji Miyazaki